小柳直人「誕生〜小学生時代」

こんにちは。小柳直人です。

最近、Twitterのツイートにも多く話題の“平成最後の〇〇”をテーマにぼく、小柳直人の平成の思い出を、当時の出来事と共に振り返っていきたいと思います。

【小柳直人誕生】1991年(平成3年)

まずはぼく、小柳直人が生まれた年である平成3年の1991年〜見ていきましょう!

母親は27歳でぼくを出産しました。しかし27歳の小柳直人は現在未婚、彼女すらいません・・・。
それはさておき「あなたは、スルッと生まれて来てくれて初産だったから助かったわ」と褒められました。

そして1991年と言えば、羊たちの沈黙が日本公開された年でもあります。
さらに台風第19号が凄まじい被害を与えたそうで、「台風がひどくて家中大騒ぎだったのに、赤ちゃん直人は爆睡だったのよ。」と未だに言われています。(笑)
今年も台風は次から次へと誕生し、かなり迷惑でしたが、この年は日本列島全体に大きな被害を与えたのだそうです。

【小柳直人の小学生時代】1997年(平成9年)〜2003年(平成15年)

そして時は経ち、ぼくが小学生の時の話をしましょう。
小学1年生の1997年(平成9年)。この歳、ぼくの妹が生まれました。7つも年齢が離れているのですが、現在も仲良くしています。生意気な妹ですが可愛いものです。

少し話は逸れますが、最近Twitterでリツイートされていたツイートで、《水泳の授業の時にプール全体に宝をばら撒き、それを潜って拾い集めるということをしたのはどこの地域か?》というものがありました。
ぼくの通っていた小学校でもありました。ちょうどこの頃だったかと。その授業はとても楽しくて仲良しの子たちとワイワイ騒ぎながら自由に泳いでいたのが懐かしいですね。

また、この1997年には世界初の霊長類のクローンが誕生しました。羊のドリーです。
しかし、ドリーは間もなく病気にかかってしまい、6歳で安楽死させられました。このことがあり、クローンはやはり健康で長生きできないというイメージがあったと思いますが、ドリーと同じ体細胞を使って誕生した4匹の羊。なんと今もなお生きているのだそう。ドリーのかかった病気、変形性関節炎の兆候はわずかに見られるものの元気なのだとか。

映画やアニメ、小説などの作品でクローンの話はよく出てきていますが、1997年にすでに成功しているんですね。改めて凄いことだと思いませんか?
それから中国では猿のクローンが誕生したりして、現在どの程度の進化を遂げているのか一般人のぼくにはよく理解できていませんが・・・。

良いことに活用できていけたら、素晴らしい社会になるのではないかとワクワクしています。人間のコピーなど、考えたら怖いですけどね。今後の研究の成果が楽しみです。

それでは、また。小柳直人でした。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る